トップページ > 神戸帆船模型の会紹介

「神戸帆船模型の会」紹介

神戸帆船模型の会は・・・


  神戸帆船模型の会は,港都神戸を中心とした木製帆船模型の製作を趣味とする有志の集まりです。
創立は1983年(昭和58年),今年2020年は38周年となります。
2021年6月現在会員数は45名。和気藹々と活動を繰り広げています。

第38回作品展記念撮影
< 第38回作品展にて >

総会,例会,研究会,スキルアップの会



総    会 6月第一土曜日に開催。
議題は,事業報告・計画,会計報告・予算計画,役員改選など。
例    会 4月,8月,10月,12月の第一土曜日に開催。会運営の検討,連絡など。
研  究  会 原則,例会の日に開催します。テーマは別途計画によります。
スキルアップの会 奇数月第一土曜日13時から開催,実技上達を目指します。
    ( 但し,行事や会場都合により,順延・中止もあり )
開 催 場 所 いずれも,JR兵庫駅前「兵庫区文化センター」の会議室や工作室を利用。

  
<  総 会 >                                   < 研  究  会 >


定期作品展の開催


  毎年10月を目安に会員の成果発表の場として,作品展を開催しています。
只,2020年度は新型コロナ感染予防のため,作品展を中止しました。

しかし,2021年度は第38回作品展を2021年9月16日(木)〜21日(火)に
「こうべまちづくり会館」地下ギャラリーで開催予定です。

  
( 作品展風景 )                 ( 公開中の帆船模型教室 )


会報の発行


会報『SSMKニュース』を,年5回,会員に発行しています。
会員への連絡事項,「総会」「例会」の議事録,「研究会」「スキルアップの会」のレポート,他クラブの作品展等を掲載しています。


懇親会の開催


  年2回の懇親会で更に親睦を深めています。
「新年会」を毎年1月と,「作品展懇親会」を作品展期間中の土曜日に催しています。

p0   p1
( 新 年 会 )



  ( 作品展 懇親会 )


帆船模型教室の運営


  帆船模型愛好者を広げるために,「神戸海洋博物館」主催・「神戸帆船模型の会」運営協力により, 2000年より「帆船模型教室」を開催してきました。2022年度で21期目となります。
  多くの方が受講され,その後の帆船模型製作のきっかけとなり,「神戸帆船模型の会」に入会して活動されておられます。
  教室の詳細は,ページ「帆船模型教室の運営」を参照ください。


神戸観光局 港湾振興部への協力


当会は,神戸観光局 港湾振興部の事業に協力させて頂いております。
  ・ 「帆船模型教室」を,「港湾振興部」主催,「神戸帆船模型の会」運営協力で進めています
  ・ 協会の2008年創立50周年記念行事「大帆船展」に会員の帆船模型を展示しました
  ・ メリケンパークに展示されていた「サンタマリア」のペンキ塗り替えにも協力
  ・ 当会の記念事業製作作品を神戸海洋博物館に寄贈。現在も展示されています
    ・ 15周年 : カットモデルを2年がかりで製作,神戸海洋博物館に寄贈
    ・ 25周年 : 20周年製作の74門艦に手を加え,完成度を高め,神戸海洋博物館に寄贈

ページ「 神戸観光局への協力 」を参照ください。


記念事業


当会では,5周年毎の節目の年には記念事業を実施してきました。
  ・   5周年 : 記念誌の発行と作業エプロンを製作しました。
  ・ 10周年 : 神戸海洋博物館で,友好団体の協力を得て87隻を展示しました。
  ・ 15周年 : 写真のカットモデルを2年がかりで製作,神戸海洋博物館に寄贈しました。
  ・ 20周年 : 会員全員参加による74門艦の造船風景を製作しました。
  ・ 25周年 : 20周年製作の74門艦に手を加え完成度を高め,神戸海洋博物館に寄贈しました。
また,当会のマークをバッチにして会員に配布しました。
  ・ 30周年 : 記念品「ワイヤカッター」「糸切りニッパー」を会員に配布しました。
  ・ 35周年 : 記念品「彫刻ビット」を会員に配布しました。


    (15周年記念事業のカットモデル)


  
      (20周年 74門艦製作委員)                    (25周年記念事業のドックヤードモデル)